膀胱がん名医の治療で症状を和らげるには
   手術や膀胱がんの名医の治療による症状の改善、転移などについて

膀胱がんの名医がいる病院

がんの名医情報

がんは名医の治療が鍵となる

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんの名医と食事療法

がんの名医と完治を目指すために

癌(がん・ガン)の基礎知識

癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術

 末期膀胱がんになってしまったら

ガン治療に最も効果的な食事法

末期膀胱がんは、他の癌同様、初期症状と比べて治療が難しく、生存率も低い状態にあります。そのため、できるかぎり早期発見をすることが望まれますが、すでに末期に至ってしまったのなら仕方がありません。これから何ができるかについて考えましょう。

治療には外科手術や放射線療法、抗がん剤を用いる化学療法、BCG、あるいは抗がん剤の膀胱内注入療法があります。末期膀胱がんの場合、すでに腫瘍が広がってしまっていることが多く、手術をできない状態にあることも少なくありません。その場合には、他の方法を適用することになります。

そのままにしておけば先がないからこそ、名医の助けを借りておきたいところです。これまでにも末期膀胱がんの患者さんを救ってきた名医がいる病院を見つけることができれば、希望をつなぐこともできます。すでに余命を宣告されているような場合でも、諦めずにすむでしょう。

病院や専門医のレベルによって、患者さんの症状の改善の具合が異なるのは当然のことです。末期からの回復を希望するのであれば、それだけ高い質の医療を受けられる病院を探すべきでしょう。

専門医からの提案が適切であるかどうかの判定は難しいものです。だからこそ、信頼できる名医に末期膀胱がんの治療を任せることで、安心して闘病生活に励むことができるようになります。治療の妥当性について不信感を持ちながらでは、病との戦いにも実が入りません。

また、末期膀胱がんの場合、全力を尽くしても完治させることが難しいことも多いため、その場合には、QOL(生活の質)の向上や延命を目的として治療を行うこともあります。これらの方針については、専門医と十分に話し合って決めましょう。納得できないまま、投げやりになるようなことはしないでください。

もしQOLの向上を主目的として治療を行うのであれば、それは余命を充実したものにするためのものです。人生の終盤を実り豊かなものにするためのものなのですから、ご自身の希望を伝え、悔いの残らないようにしてください。

copyright © 2005 膀胱がん名医の治療で症状を和らげるには all rights reserved.