膀胱がん名医の治療で症状を和らげるには
   手術や膀胱がんの名医の治療による症状の改善、転移などについて

膀胱がんの名医がいる病院

がんの名医情報

がんは名医の治療が鍵となる

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんの名医と食事療法

がんの名医と完治を目指すために

癌(がん・ガン)の基礎知識

癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術

 膀胱がん手術はここに注意

ガン治療に最も効果的な食事法

医療ミスを防ぐため、膀胱がん手術を受ける際には注意してほしい点があります。
治療における主導権は主治医が握っているため、ほとんどなされるがままという状態の方も少なくないと思いますが、それはこのましいことではありません。
膀胱がんの手術は命に関わる重要事項ですから、医師が中心になって行うにしても、自分の身を守るために確認する事項があるのです。
簡単なことでも、知らなかったために見落としてしまうということもあります。
後悔しない膀胱がん手術で生存率を上げるためのポイントを押さえましょう。

転移するほどに症状が悪化する前に治療を始めることは大切なことですが、治療の内容をしっかり理解しておくことも大切です。
自動車の運転を例にすると、いくら機械に詳しくないとしても、ブレーキとアクセルの位置や、ハンドルのさばき方が分からなければ車を運転することはできません。
ハンドルには遊びがありますから、わずかに左右に回したぐらいでは進行方向が変わりませんが、スピードを出している時に急に回転させてしまうと、制御がきかなくなってスピンを起こしてしまいます。
これは闘病生活の中でも見られる現象で、病院で治療を受けるからといって、何も知らずにいると、いつのまにか自分ではコントロールできない状態になって、膀胱がんの手術の目的や予想されるリスクなど手の届かないところに言ってしまっていることがあります。

アクセルを踏んでいるつもりが、間違ってブレーキを踏んでいれば、いつまでもその場にとどまっているだけで、当然前に進むことはありません。
あるいはブレーキから足を離さないでアクセルを強く踏み込んでも、前進する力と押しとどめる力が拮抗してしまい、これも無駄なことです。
本心では症状の進行を食い止めたいと思いながら、一方では抗がん剤の副作用や、膀胱がんを手術することへの抵抗感が拭いきれない状態がこれに当たります。
まずはブレーキから足を外すことが必要なのですが、残念なことにブレーキがどこにあるか気付いていないこともあるのです。
踏んでいるという意識がないので、それをやめることもできません。
ただ、前に進まないことに苛立つだけです。

教習所なら教官が笑顔で指摘してくれますが、闘病生活においては手取り足取り教わることは期待できません。
名医に出会えて根気強く相談に乗ってくれる可能性もありますが、多くの場合、感情のコントロールまで詳しく付き合ってくれないのが実態です。
人から教えてもらえないのなら、自分で気付くしかありません。
膀胱がん手術を思いとどまらせている原因が恐怖なのか、それとも他の原因なのか、徹底的に自問自答することです。
すぐには応えがでないとしても、それがあなたのブレーキになっている以上、逃げずに向き合うしかありません。

ブレーキとアクセル、ハンドルの操作を覚えれば最低限の運転はできるでしょう。
少なくても車を動かすという作業は可能なはずです。
しかし、実際に路上に出て交通法規を遵守しながら走行するとなると、他にも必要な知識は増えていきます。
たとえば、交通標識を読めなくては、いつ減点や罰金が課せられるか分かりません。
ルールに従わなければ、自分も他人も危険にさらしてしまうことになりますので、そのための知識を獲得することが必要になります。

闘病生活においても、医師や病院のいいなりになるだけではなく、接し方を覚えなくてはなりません。
治療の一環として膀胱がん手術を提案されたなら、どのような根拠で手術を勧めているかを確かめる必要があります。
症状や転移の状態によって、ベストな選択肢は変わってきますので、詳細な検討が必要になる場面もあるでしょう。
そんな時、医師にどのような質問をして回答を求め、決断を下す時には何を根拠にしていくかを学ばないと、病院にとって良い客になってしまう恐れがあります。

交通標識であれば、学習はテキストの丸暗記で済みます。
一方通行やUターン禁止など、見た目と意味が連想できるように作られているので、標識を覚えるのはさほど困難なことではありません。
テキストとして一冊の本にまとめられているのですから、その本を頭に叩き込めば、路上に出ても十分通用する知識になります。
しかし、闘病生活はそのように一筋縄では行かないのです。
膀胱がん手術一つとっても、経験を持つ医師を相手に話をするのは気が引けるかもしれません。
相手のほうが詳しいのだから、指示に従って動いた方がよいのではないかという意見もあるでしょうし、それが絶対に間違っているというわけではありません。

それでも病院と付き合っていく上で知恵が必要だというのは、主体性をもって闘病生活を送ることが大切だと考えるからです。
人の言うことを聞いて成功すればよいのですが、膀胱がんの手術や治療がうまくいかずに転移してしまった場合、納得できるでしょうか?
そこに疑問が残ってしまう以上、丸投げは是認できません。
自分の置かれている環境を理解できなければ、その延長線上にある将来だって予見できません。
結局、膀胱がん手術によって、自分がこれからどのような人生を送っていくのか、検討もつかないという事態を招いてしまうのです。

交通標識を覚えれば、ひとまずは路上に出ても運転できるようになりますが、教習車のようにしばらく走り回ってそのまま戻ってくるということではなく、目的地に立ち寄るということが現実の運転には付き物ですので、停車の仕方を覚える必要があります。
応用編の縦列停車より、まずは基本的な後ろ向きでの駐車を覚えることになるでしょう。
これができないと、どこかで一休みすることもできませんし、買い物に行っても店内に入ることができなくなってしまいます。
一体何のためにはるばる移動しているのか、分からなくなるでしょう。

膀胱がん手術も同様で、それを行った後にどのようなことが自分に起こり、その事態に対してどう対処していくのかを決めておくことが大切です。
一人で決められなくても、治療を担当している医師と話し合うことでビジョンは見つけやすくなるはずです。
健康を取り戻せるのか、それとも転移を防いで現状維持にとどまるのかというところもありますし、日常生活に支障をきたすかどうかという疑問もあります。
未来を明確に描き出すことで、膀胱がんを手術することの持つ意味もハッキリしてくるはずです。

copyright © 2005 膀胱がん名医の治療で症状を和らげるには all rights reserved.